円海山の概要

横浜市南部にある標高 153m の山。 → Wikipedia:円海山
磯子区峰町にあり、港南区・栄区・金沢区との境に近い。 → Yahoo!地図情報での位置

最寄駅

JR根岸線・洋光台または港南台から約2km(歩いて30分〜40分程度)

最寄IC

横浜横須賀道路・港南台IC。このICのすぐ横須賀側には「円海山トンネル」がある。

本来のメインゲート

円海山の本来のメインゲートは、住所が示すとおり、峰町の谷である。 歴史のある「峰の灸」や「円海山護念寺」があるのもこのあたりだ。 この付近は、昔から磯子駅や京急杉田駅から市営バスでアクセスできるようになっている (洋光台駅が開業する前から、すでにあった路線かも知れない)。 現在もこの路線は「峰の郷」行きとして存続しているが、 1時間に1本程度と本数が少ないのが難点(バスの詳細については横浜市交通局のページ参照)。

見晴らしのよさ

山頂付近は横浜市街・東京方面に開けていて眺望がすばらしく、夜景も美しい。 首都圏へ電波を飛ばすのにも好都合なため、 多くの電波塔が設置されている。 アマチュア無線の移動運用をしに来る人もいる。

豊かな自然

円海山から南側には市内最大規模を誇る緑地が広がる。 市民の森・自然公園・動物園などの自然環境施設が集まっているばかりでなく、 鎌倉市の緑地とも完全に一体化している。 これだけ大規模にまとまった緑地は、横浜ではここ以外にない。 それだけ貴重な自然の残る場所なのだ。
この緑地を端から端まで歩くと 10km 前後の距離を歩くことになるので、 楽しむなら1日かかると思っていたほうが無難だろう。 洋光台や港南台だけでなく、金沢文庫(京急)や鎌倉(JR横須賀線・江ノ電)などからも この緑地へ通じるハイキングコースへ入ることができる。

また、ここにはかつて相模・武蔵の境になっていた、東京湾と相模湾の分水嶺も縦断していて、 それぞれの側に水源地となる池や小川が点在し、蛍が住めるように配慮された 保護区域もつくられている。→ 武相国境のページ→円海山のページ

付近の尾根の標高は 100m 〜 150m 程度のところが多い。 横浜市の最高峰とされている大丸山(Omaru-Yama, 156m)(▼写真)もある。

▼ 2008.04.30 撮影
大丸山(Omaru-Yama, 156.8m)

ただし、鎌倉市との境まで行くともっと高い場所がある、という調査結果もある(→ 詳細)。

なお、これらの標高はあくまで海面から地面までの高さであり、人工建造物まで含めてしまうと、ランドマークタワーのように 大丸山の標高よりさらに 100m 以上高い建物も存在する。 円海山の電波塔の先端も、海面からの高さはこれと同じくらいあるかも知れない。


[円海山のトップ] [ホーム]