銀河の歴史がまた1ページ(日記)

Last Update (2020/08/13 17:20:54)
1997.09.06から数えて counter 番目のアクセスです。

ミラーサイト [www.ceres.dti.ne.jp] [yk.rim.or.jp]

[ホームページ] [日記] [日記ファイル一覧] [読んでいる日記] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

jdiaryの最新(作成)記事ダイジェスト

2020.08.13(木) 16:01:16 昨日今日と一部で落雷が凄いらしい

昨日今日と一部で落雷が凄いらしい

雲放電とかどうやって検出しているのか謎ではあるな・・。

いやまぁ落雷の検出も謎っちゃ謎だけどw

2020.08.13(木) 08:25:25 webpackを使ったvue.jsの環境構築とSingle File Componentの利用方法

webpackを使ったvue.jsの環境構築とSingle File Componentの利用方法

tag: vue

おお。なんかわかりやすい解説があった。

しかしこの人すげーな。一人で書いてんのかな。

一体何者なんだ・・・。

2020.08.07(金) 22:05:54 新しいディスプレイポチった

新しいディスプレイポチった

さすがに発色がそろそろ限界ということで新しいディスプレイポチった。

23〜24インチ、スピーカー付き、HDMI 2 portを条件に選択。 どんなモンかは到着してからのお楽しみ。

ちなみに今のモニタは、記録によれば jdiaryA90101.html#20090118 2009.01.18に購入したMITSUBISHI 24型 1920x1200 MDT243WG-SBらしい。 11年モノだったのか...。 当時は10万円で購入してた模様。

今回はAmazonでポチったけど、Yodobashiのレビューで23-24型のモニタを見ていたら「テレワーク用に買いました」ってコメントがたくさんついててワロタw 意外に小型液晶モニタの台数が出てるのかもしれん。

2020.08.07(金) 18:30:23 中華スマホ&中華アプリ禁止令出るか?

中華スマホ&中華アプリ禁止令出るか?

tag: 米中衝突

派手にぶち上げてるなぁ。

アズレンとか死んでしまうんじゃろか?

2020.08.06(木) 00:46:18 ウチのモニタの発色がやばい

ウチのモニタの発色がやばい

cssで色変えて遊んでるけど、メインモニタの赤い色素が抜けてきてる感じある。

メインモニタで色調整してiPadとか別のモニタで表示したら酷い色にwww

そろそろ新しいの買うしかないか

2020.08.04(火) 05:34:47 冷蔵庫買った

冷蔵庫買った

前の冷蔵庫が壊れた(引き出し部分が動かなくなった)ので。

最近の冷蔵庫は自動製氷機能がついてて面白いねw

実際に設置したのはちょいと前の話だけど、一応記録として書いておく。

2020.08.02(日) 22:43:05 ちとcss変更

ちとcss変更

tag: wiki

なんかのっぺりした感じが欲しかったのでcss変更してみた。h1-h2の違いが大きいかな。

h5-h6についてはフォントサイズが通常より小さくなるのは解せないので1emにしておいた。

2020.08.01(土) 15:03:03 『Tickler File』(チクラーファイル)

『Tickler File』(チクラーファイル)

tag: wiki

チクラー・ファイルという謎の単語を見かけたので検索してみた。

43のフォルダに今日できないことを整理 かつて紙の時代に、「いまできないこと」をあとで確実に処理するためのツールに『Tickler File』(チクラーファイル)あるいは『43フォルダ』がありました(念のため、いまも定番として使われています、たぶん)。
1〜31の「日のフォルダ」と1〜12月の「月のフォルダ」、あわせて43のフォルダを用意し、今できないけれどいつかすることを、来月の特定の日か来月以降の特定の月にいれておき、毎日今月と今日の日付のフォルダの中身を確認して処理をしていくシステムです。
このシステムを用意することで、今できないことを現在の意識から取り除くことができます。現在すべきことに集中できるのです。そしてなおかついつか未来にきちんと処理できるリマインダーもかねている点で、Tickler Fileは紙の時代の(あるいは現在でも紙やモノを整理するのには)、とても優れたシステムのひとつなのです。

43個のフォルダ(物理)を使った整理方法とのこと。 日付で31個、月で12個のフォルダ(物理)を使うから43のフォルダになるのね。

今だと電子的な To Do / リマインダー型でも、「彼女との記念日リマインダーアプリ」みたいに未来の日付を扱えて(あとn日表示付き)(期限が近いものからソート表示付き)なら、レポート提出の締め切りにも使えて実用的という説もあるか。

2020.07.30(木) 22:21:11 パッヘルベル:カノン ニ長調 (作業用)

パッヘルベル:カノン ニ長調 (作業用)

tag: 作業用BGM

ふとカノンで検索してたら発見。ゆっくりした感じで良いね。

つかなんで1時間もあるのかww

6分45秒くらいで一回終わってたから無限ループ耐久か。

2020.07.25(土) 08:49:57 メール本文をdecodeするコマンド(javamail)作ってみた

メール本文をdecodeするコマンド(javamail)作ってみた

tag: mail, javamail, procmail

Javaの場合、JavaEE無き後メジャーなMailライブラリが検索ヒットしないので自作してみた。

formailコマンドだとメールヘッダ部分しか取り扱えないようだが、今回はメール本文が欲しかった。

無理矢理感あふれるコマンド(javamail)ができたゾ。

そして~/.procmailrcに以下の呪文を追加。

:0HB
* ? test -s $ALLOWFROMLIST
* ? test -s $ALLOWBODYLIST
* ? (formail -x From: | grep -E -f $ALLOWFROMLIST)
* ? (javamail - | grep -E -f $ALLOWBODYLIST)
$DEFAULT

本物の通販サイトのメールだと、メール本文に宛名(本名)がちゃんと入ってるのでそれを条件に振り分ける寸法。 grepで本名を引っ掛けるためにメール本文のMIME/Multipartデコーダーフィルタが必要だった。 メールアドレスと本名が違うとこんな時に便利だな。

最近はFromの偽装をamazonでやってくるSPAMが多いのでFromで落とすフィルタはあまり通用しなくなっていた(それでも6割くらいは落とせるけど)。

これでどうなるか見てみよう。

それにしても色々なメール格納フォーマットがあることあること。

自作コマンドではごく一部にしか対応してないので、これから対応フォーマット増やしていかんとなぁ。

2020.07.23(木) 16:13:37 オレwiki latest系, lastupdate系のHTMLタグが乱れていたので修正

オレwiki latest系, lastupdate系のHTMLタグが乱れていたので修正

tag: wiki

やべ。 微妙にHTML出力結果が異なるので全ページ再ftp putになってしまった...。

2020.07.22(水) 01:03:37 FreeBSD 12.1-RELEASE システムタイムゾーンの設定

FreeBSD 12.1-RELEASE システムタイムゾーンの設定

tag: freebsd, FreeBSD-12.1-for-vagrant

なぜか/usr/share...のファイル名指定ではなく、タイムゾーン名を指定したら確認ダイアログは出てこなかった。 自動セットアップするならこっちが良いのかな。

tzsetup -s Asia/Tokyo

2020.07.21(火) 23:45:50 maven 3.6.3 local にある jar を依存関係として使う方法

maven 3.6.3 local にある jar を依存関係として使う方法

tag: maven, wiki

scope system は自作ライブラリには使わない。いいね?

pom.xmlの中に以下のように書く。


<repositories>
  <repository>
    <id>repo</id>
    <url>file://${basedir}/repo</url>
  </repository>
</repositories>

<dependencies>
  <dependency>
    <groupId>dummy</groupId>
    <artifactId>javafetch</artifactId>
    <version>0.0.0</version>
    <scope>compile</scope>
  </dependency>
</dependencies>

mvn install:install-file コマンドを使って、ローカルのjarファイルをローカルのリポジトリに登録する。

mvn install:install-file -Dfile=lib/javafetch.jar -DgroupId=dummy -DartifactId=javafetch -Dversion=0.0.0 -Dpackaging=jar -DlocalRepositoryPath=`pwd`/repo/

これで警告なしでmavenできるようになったかな。

まだいくつかgradle版のターゲットから移植しないといかんけど。

2020.07.20(月) 23:57:03 maven 3.6.3でJSP/Servletコンパイル後にtomcat 9x上で起動

maven 3.6.3でJSP/Servletコンパイル後にtomcat 9x上で起動

tag: maven, cargo, wiki

今はGradle 6.5.1を使っているのだが、Gradle 7 に移行すると、JSP/Servletのwarコンパイル後自動でtomcat/gretty上で実行するプラグインが動かなくなるという警告が出ている。

そんなわけでmavenを使うように先祖返りしてみる。

pom.xmlだけ作ってみた。

pom.xml

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
  xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/maven-v4_0_0.xsd">
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>
  <groupId>jp.co.tripod.javaballista.kjwiki</groupId>
  <artifactId>kjwikig</artifactId>
  <packaging>war</packaging>
  <version>1.0-SNAPSHOT</version>
  <name>kjwikig</name>
  <url>http://maven.apache.org</url>

  <properties>
    <project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding>
  </properties>

  <!-- ローカルファイルのjarを疑似的に登録したrepoを記載 -->
  <!-- ローカルrepoへのjarファイルのインストール方法 mvn install:install-file -Dfile=lib/javafetch.jar -DgroupId=dummy -DartifactId=javafetch -Dversion=0.0.0 -Dpackaging=jar -DlocalRepositoryPath=`pwd`/repo/ -->
  <repositories>
    <repository>
      <id>repo</id>
      <url>file://${basedir}/repo</url>
    </repository>
  </repositories>


  <dependencies>

    <!-- ローカルファイルのjarを疑似的にローカルrepoに登録したもの -->
    <dependency>
      <groupId>dummy</groupId>
      <artifactId>javafetch</artifactId>
      <version>0.0.0</version>
      <scope>compile</scope>
    </dependency>

    <dependency>
      <groupId>javax.servlet</groupId>
      <artifactId>javax.servlet-api</artifactId>
      <version>4.0.1</version>
      <scope>provided</scope>
    </dependency>

    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/javax.websocket/javax.websocket-api -->
    <dependency>
        <groupId>javax.websocket</groupId>
        <artifactId>javax.websocket-api</artifactId>
        <version>1.1</version>
        <scope>provided</scope>
    </dependency>

    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/commons-io/commons-io -->
    <dependency>
        <groupId>commons-io</groupId>
        <artifactId>commons-io</artifactId>
        <version>2.7</version>
    </dependency>

    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/commons-fileupload/commons-fileupload -->
    <dependency>
        <groupId>commons-fileupload</groupId>
        <artifactId>commons-fileupload</artifactId>
        <version>1.4</version>
    </dependency>

    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.jsoup/jsoup -->
    <dependency>
        <groupId>org.jsoup</groupId>
        <artifactId>jsoup</artifactId>
        <version>1.11.3</version>
    </dependency>

    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.json/json -->
    <dependency>
        <groupId>org.json</groupId>
        <artifactId>json</artifactId>
        <version>20200518</version>
    </dependency>

    <dependency>
      <groupId>junit</groupId>
      <artifactId>junit</artifactId>
      <version>4.12</version>
      <scope>test</scope>
    </dependency>

    <!-- https://mvnrepository.com/artifact/org.mockito/mockito-core -->
    <dependency>
        <groupId>org.mockito</groupId>
        <artifactId>mockito-core</artifactId>
        <version>3.4.4</version>
        <scope>test</scope>
    </dependency>

  </dependencies>
  <build>
    <finalName>kjwikig</finalName>
    <plugins>

      <plugin>
        <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
        <version>3.7.0</version>
        <configuration>
          <source>11</source>
          <target>11</target>
        </configuration>
      </plugin>

      <plugin>
        <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
        <artifactId>maven-war-plugin</artifactId>
        <version>3.3.1</version>
        <configuration>
          <packagingExcludes>WEB-INF/lib/javax.servlet-api-4.0.1.jar</packagingExcludes>
        </configuration>
      </plugin>

      <!-- https://codehaus-cargo.github.io/cargo/Starting+and+stopping+a+container.html -->
      <!-- https://codehaus-cargo.github.io/cargo/Tomcat+9.x.html -->
      <!-- mvn cargo:run -->
      <!-- mvn cargo:stop cargo:daemon-stop -->
      <plugin>
        <groupId>org.codehaus.cargo</groupId>
        <artifactId>cargo-maven2-plugin</artifactId>
        <version>1.7.15</version>
        <configuration>
          <properties>
            <cargo.servlet.port>8080</cargo.servlet.port>
            <cargo.rmi.port>8205</cargo.rmi.port>
          </properties>
          <container>
            <containerId>tomcat9x</containerId>
          </container>
        </configuration>
      </plugin>

    </plugins>
  </build>
</project>

使い方

# コンパイル
mvn clean package

# 起動
mvn cargo:run

# 停止
mvn cargo:stop

mvn cargo:stop を忘れると mvn clean に失敗するようになるので注意。

2020.07.18(土) 10:26:21 ssh-keygenで作成した秘密鍵からPEM形式のファイルを作成する

ssh-keygenで作成した秘密鍵からPEM形式のファイルを作成する

tag: ssh, ssh-keygen, pem

openssl rsa -in ~/.ssh/id_rsa -outform pem > ~/.ssh/id_rsa.pem
chmod 0600 ~/.ssh/id_rsa.pem

割と今更なネタだけど3年ぶり(2回目)に使おうとしたら忘れてたのでメモ

そういや当時のオレwikiにはタグとか無かったっけ。

2020.07.03(金) 22:30:45 ヘアーカッター PHILIPS Model HC3515 (バリカン)

ヘアーカッター PHILIPS Model HC3515 (バリカン)

tag: 武漢肺炎

新型コロナが激しかった頃は床屋も感染注意とか言われて行けなかったけど、最近はまた感染者数が増えてきてビビリ中。

そこで(?)ヘアーカッター PHILIPS Model HC3515 (バリカン) を使って23mmセルフカットにチャレンジ。

....。

んーそんなにバッサバッサとは切れない。

付属のコームで23mmにしてると、あんまりバリカンの刃の部分に長い毛がヒットしない。

....。

お。こうやって使うのか。わかってきた。

ある意味安全カミソリによる髭剃りの要領。 コームの底面を頭皮に当てて逆毛の方向に細かく上下に動かしながら進む。

何度もやってるとだんだんカットされていく。

仕上がりは良く分からんが手触りからすると短くカットできたようだ。


Copyright(c) 1996-2020 George(小濱 純). All rights reserved.
私の作成したページへのリンクはご自由にどうぞ。
このページに間違いや要望などがありましたら george@yk.rim.or.jp まで御連絡ください。
メール本文に 6020-5440-3372 とか私の 本名 を漢字で書いて頂くと、ウチのSPAMフィルタを通過できます。

[ホームページ] [日記] [日記ファイル一覧] [読んでいる日記] [FreeBSD] [FreeBSD LINK] [検索]

home: <george@yk.rim.or.jp> or <george@ceres.dti.ne.jp>
(I am using white list SPAM filter. To avoid it, please write 6020-5440-3372 in mail body. This key word is valid since 2009-06-14 until 2015-12-31.)