山下透 MY HISTORY <ラジオ編>


1967年  父親からラジオ付きオープンリールテープレコーダーを譲り受け、大阪のラジオ局を聞き始め、ジングルなどを録音する。
1969年  父親から中波ラジオを譲り受け、遠方のラジオ放送を聞き始める。
1970年  父親から中波・FM2バンドラジオを譲り受け、開局したばかりのFM放送を聞き始める。
1971年  父親からステレオ再生のできるカセットテープレコーダーを譲り受ける。
1972年  父親からステレオレシーバー、スピーカー一式を譲り受け、お年玉でカセットデッキを購入する。さらに父親から中波・短波・FM3バンドラジオを譲り受け、海外放送も聞き始める。
1973年  中学入学と同時に「ラジオの製作」の購読を始める。中国語で挫折し、韓国語の勉強を始める。
1974年  「ラジオの製作」主催のラジオオーストラリア ダグラス・ヘルーア日本語課長を囲む会で山田耕嗣氏と出会い、ご近所だった氏の自宅に通うようになる。「電波技術」の投稿を始める。
1975年  日本DXersクラブ設立。
1976年  月刊「ラジオの製作」4月号に初めての「中級BCLのための語学講座 朝鮮語(韓国語)放送を聞いてみよう」を執筆。同誌「最新BCL情報」の連載担当(1978年夏まで)。
1979年  天理大学入学、朝鮮語を専攻。月刊「短波」のDXレポート(近隣諸国)のアドバイザーを担当。初の海外旅行(韓国)で、初のラジオ放送出演。アジア放送研究会設立。
1981年  ラジオたんぱ「BCLワールドタムタム」の原稿を初執筆。
1982年  NHK国際放送「ラジオ日本」英語「DXコーナー」の原稿を初執筆。
1983年  ラジオたんぱ「スーパーウェーブ」の特番に出演。「BCLワールドタムタム」最終回に出演。アジア放送研究会理事。
1984年  ラジオたんぱ「BCLジョッキー」ピンチヒッターで富永陽子アナと共演。アジア放送研究会事務局長。
1987年  NHK国際放送「ラジオ日本」朝鮮語放送出演者オーディションに合格。
1988年  NHK国際放送「ラジオ日本朝鮮語「DXコーナー」開始。
1989年  アジア放送研究会副理事長。
1997年  アジア放送研究会理事長。
2008年  アジア放送研究会会長。
2009年  アジア放送研究会設立三十周年記念特別放送アナウンス担当


トップページに戻る