温風式床暖房レガレットFAQ?(Frequently Asked Questions)


TOPIC1 床にガラリを設ける必要は無いのでしょうか?

必要はありません。
フィルター等設けて初期清掃を徹底していても床下空間は見えないグレーゾーン
であるためその空気を恒常的に室内側に循環させることはお勧めしていません。
   

TOPIC2 電気式と温水式ユニットの違いは何?

温風を造るコイルの違いです。電気式は(200V)の電気シ−ズヒ−タ−を利用し、
温風に変換します。(イメ−ジ的にはドライヤ−に近い形です)
温水式は外部の熱源機からユニットに温水を供給し、それを温風に変換します。
電気式と違い、ガスや灯油のボイラ−、電気式のヒ−トポンプ、はたまた温泉水の
利用など幅広く利用出来ます。また温水温度を調整することで、出力を上げること
が出来るので電気式と比べ同じユニットタイプでも広範囲を暖房することが可能です。
   

TOPIC3 温水の熱源は何が使用出来ますか?

レガレットシステムの温水式は上述のように温水を、温風に変換する媒体として
のみ利用します。
一般的な温水床暖房と比べ圧倒的に保有水量が少ないことも特徴です。
ガスや灯油のボイラ−から電気式ヒ−トポンプ、家庭用コジェネレ−ションなど
様々な選択肢の中からお選び頂けます。
現在はヒ−トポンプの性能が向上し(COP)4以上の能力を持つものも製品化しています。
(COPとは成績係数のことで消費電力1kWにつき生み出せる熱量(kW)を数値化したものです。)
熱源の選択によって、維持費や初期費用とも変動するのでしっかりと特徴を把握し選択する
必要があります。(熱源別維持費のシミュレ−ションも可能です。)
   

TOPIC4 中間階への設置は可能ですか?

RC構造ならば可能です。過去何件も施工実績がございます。
50mmPPダクトを利用することにより床厚を抑えて施工することが可能です。


         Contact

株式会社 日 興
TEL  045-897-6904
FAX  045-891-6984
E-mail nikko@yk.rim.or.jp
247-0014 横浜市栄区公田町233-2 第2天正ビル2F-A

HOMEに戻る

上へ戻る

戻る