メルヘンメイズ(ナムコ)懐(レ)ビュー


「メルヘンメイズ」との出会いは私にとっては大きいものでした。 旧ナムコファンの意地だけでプレイしてきた私にとって再度ナムコファンで良かった と言わせてしまった一作なのです。あの至高のグラフィックはナムコにしかできません! あの頃のナムコはお世辞にも良いとはいえません… 「ドラゴンスピリット」は良かったですね、これは文句なし、個人的にいまだに名作。 実際この「メルヘンメイズ」とどっちにしようか、って考えましたもの。 「ドラゴンスピリット」については後にじっくりやりたいと思います。 Makky氏が全貌を知ってるから下手なこと書けませんね…とにかく凄絶であった。 その後のナムコはどうかしてましたね…「ブレイザー」「クエスター」… 「パックマニア」と「キャラガ’88」はそれなりですけどリメイクみたいなもの。 オリジナリティという観点からは誉められる代物ではありません。 そして「メルヘンメイズ」が発売されました。これぞナムコゲームって感じでしたね。 このゲームはまりましたよ、はまりまくって攻略に要した時間は3日です。(本当) 短い期間ですけど、プレイのめり込みは並みではないです。 「メルヘンメイズ」を攻略している間はまったく他のゲームをプレイしてません。 これが私のやり方なんです、すみません。本当に極めようとする時は他のゲームに 興じることは殆どありませんでしたよ。クリア後は完璧なプレイを目指すスタンスに 変更します。そうなったら他のゲームをプレイする余裕が出てくるのです。 しかし、あの頃の私のゲーム攻略のスピードは少し異常でしたね…今考えてみると。

アリスに萌え?(笑)

なんか「奇々怪界」と同じようなことからスタートしてますね。 つい最近まではアーケード史上最年少キャラというふれこみでしたけど… 「子育てマイエンジェル」に敗北です。仕方がないですね〜ナムコも。 とにかくまずはアリスに萌え萌え(*^^*)弱みにつけ込まれてしまいましたね。 ゲーム上のキャラクタは勿論ですけど、インストラクションカードのイラストが めちゃくちゃ可愛いのであります。フィールドの端っこに片足でちょんっと立ってる イラストが個人的にめちゃくちゃ好きですね。ワンダーモモ描いた人と一緒でしょ?これ。 また変な話から始まってしまいましたね、でもゲームも良く出来てますよ。

高い、高い、たか〜い!

個人的にこのゲームを高く評価している点としてグラフィックの質の高さがあります。 この頃のナムコは斜め視点での世界観表現にこだわってる時期でもあります。 「ブレイザー」と「パックマニア」ですね、「メルヘンメイズ」を含めて私はこれらを 「ナムコ斜め3部作」と呼んでいます。 この3作品に言えることですけど、グラフィックがいいですね。細かい! 特に「メルヘンメイズ」はすばらしいですね、2重スクロールしてますから。 おまけに後ろの背景がぼかしてあるので思いっきり高さを感じるのです、これは凄い。 高所恐怖症だとプレイするのが嫌になるのでは?それくらい高さを感じました。 おまけに足場の狭い所をぴょんぴょん飛び跳ねて行くのですから恐怖感倍増。 私はまずこの至高のグラフィックがお気に召しました。 なんか以前どこかで「プリクラ大作戦」と比較してはいけません!なんて書いた記憶が ありますけど、違いはここなんです。残念ながら「プリクラ大作戦」では高さを感じる ことができませんでした。何が違うのか?と言われるとわからなくなるのですけど… 下の背景が暗めに設定してあるところかな…だから上のキャラクタのある部分が かなり浮いてみえるのではないかと思います。こういう表現は最近のCGのゲームでも 考えて欲しい項目ですね。なんか…背景をはっきりと描写しすぎて高さを感じない ような気がします。皆様はどう思われます?

ナムコ点を追え!

このゲームのハイスコアはナムコ点の数が大きなウェイトを占めます。 ナムコ点というのは7650点のこと、パックランドからの伝統ですね。 「メルヘンメイズ」の場合ですと点数アイテム赤い玉の点数となります。 スカから500点、1000点、2000点、4000点、7650点といった種類が あります。どうやら完全に乱数のようですね…運を味方にしないとハイスコアは 厳しいのだ。このようなゲームは何回もクリアしていく必要がありますから辛いですね。 でも1943のモビちゃんよりはましかもしれない、全国最高13面中11回? 信じられないよ〜私なんか1周の間に1回出るか出ないかというくらいなのに。 最高でも2回しか出てきたことはないです、普段の行いが物をいう時。 ゲームの乱数がこういう所で使われるとハイスコアを目指す人達には恐ろしい強敵と なります。何回もクリアしなければならないもの…しんどいです。 そういう意味ではダライアスの白玉もそうですよね、始まってすぐの白玉で51200点 出た場合にはやる気ばりばり、がんばろう!って気持ちになりますけど、50点が出た 日には…いきなり意気消沈…これも普段の行いが物をいうのです。 でもダライアス攻略時には51200点出す方法、という噂が出回っていたものです。 白玉が点滅しているのを見切って取ると51200点出るという…デマです。 「メルヘンメイズ」の時もそのようなものがありました。点滅してるし… やはりデマでした…一生懸命調査したのにな…

3面のBGMでもう虜

このゲームのBGMは大好きです。3面が特に好き、高さを感じる曲ですね。 それでいてファンタジック、「メルヘンメイズ」のイメージそのままって感じです。 え〜「ビデオゲーム・グラフィティVol.5」でアレンジバージョンになってますね。 ちゃんと3面の曲もアレンジされてます、最高!あとは…ボスの曲もいいですね。 全体的にゲームのイメージがBGMに集約されてると思います。お見事。FM音源で ここまでやってくれれば何も言うことございません。感服。誉めすぎ? ちょっと話ずれますけど、コンティニューの音楽。 よく同時期の「R−TYPE」と比較されたものですね、解る人には解りますよね!

飛び越せない壁はないのだ

「メルヘンメイズ」で悩まされた事、それは上下に出たり入ったりしている壁でしょ。 「メトロクロス」で言えばウォール、3面以降はジャンプ失敗=奈落の底であるので 最大のライバルとなった筈です。特にこの壁の向こうの移動している狭い足場に着地 しようとしている時は超緊張。これでこのゲームが嫌な人も少なくない筈でしょう。 私も散々悩まされましたね、おかげで3面の素晴らしいミュージックを極限まで堪能 させていただきました。…これで曲が気に入ったと思われますね。 とにかくこれは「メルヘンメイズ」の第一関門です、これを看破すれば次は6面ですね。 かなりやりこんだ末、壁は距離を合わせれば必ず飛び越えることが可能なことが判明。 これは大きかったですね、これで移動する足場だけを注意すればいいのです。 簡単に言うと、タイル2枚分、レンガなら4個分の距離をおいてジャンプするのです。 ちなみにこれは私がプレイする時の目安ですので参考までに…

2面でしか出来ない強力3WAY

2面での密かな楽しみ♪(といっても大した事ない) それは巨大シャボン玉3WAY攻撃の圧倒的パワーに酔いしれること。私だけか? 2面では3WAYになるアイテム(緑玉)とシャボン玉が最強になるアイテム(青玉)が 同時に取れる唯一の面です。これで楽しまなきゃ損でしょ! で、なんでこんなことを話題にするのか?というとですね… 少しでも最強状態を味わう為に焦ってジャンプして奈落の底に落ちたアリスが結構いる のです。アイテムの効力はアイテムを取った時間で持続しますからね、少しでも時間を 稼ごうと思って無理にジャンプしてしまうのですね、私だけかも。 ここは移動している足場の上を速効でクリアしなければいけませんから…慣れてない 状態の時はぽとぽと下に落っこちていたものですよ、これも懐かしい思い出です。 でも大概は風船(アリスを奈落の底から一回だけレスキューする)を持ってるのでミスと なることは殆どありません、だから命を賭けてでも最強状態を求めるのだ! 私も変な人ですね…

プレイヤーより影を見るべし

初めて攻略みたいな事を書きましょうか?(^^; メルヘンメイズのポイントはなんといってもジャンプで避けるトラップを確実に看破する ことにあります。前にも言った狭い足場へのジャンプを確実に決めることです。 これが嫌で苦手で辞めた人達を私は何人も知ってます。ここが「メルヘンメイズ」を敷居 の高いゲームにしてしまったポイントではなかろうか? ちょっと真面目にコメントしましょう。 どんなアクションゲームでもプレイヤーの影を見ろ!これがアクションゲームに共通する ポイントなんです。…もっとも影のついているゲームに限ります。(当たり前!) 特にこの「メルヘンメイズ」の場合には斜めから見た視点なんです。プレイヤーの位置が わかりづらい視点なんですね、これでうまく足場に着地しようと考えると奈落の底。 という訳で影をみて微調整をとる能力を身につけましょう。このゲームにおいて影と いうのは非常に重要なのです。敵の弾を避ける時にも影を見ます。プレイヤーを見ると 判断を誤ることになります。それを再認識すれば「メルヘンメイズ」を理解できる ことになるでしょう。…コメントが真面目だな〜

びっくり箱、どん!

さて、出入りしている壁がなんとかなったら次の難関は6面です。 ”びっくりのくに”その名の通りびっくり箱の世界ですね、ここも悩みましたね。 最初はどうやってもびっくり箱の中身(何て言うのでしょうね…)に勝つことが できませんでした。連射しても、溜め撃ちでもどうすることもできません。 ここは…さすがに私も初めてコンティニューを使いましたよ、全然攻略法が解りま せんでしたね。私が通常コンティニューを使うのは先の面のトラップを攻略する時だけ です。攻略法を見切ることが出来れば最初からやり直しておさらいします。これが スピード速く、かつ効率よく、かつ経済的にゲームを攻略するコツです。 今だから語りますね!昔だったら教えてあげません…多分。 私にとってコンティニューというのは先の面を見るため、ではなくて先の面の攻略を 完璧にするためなのです。ですから、攻略ポイントをクリアしてしまえば自殺します。 これは私のやり方ですから賛否両論あるでしょう、でも私はこれが最善の方法と今でも 信じてます。…話がまたずれましたね… なんか前にも話したことがあるかもしれませんね、この話。 で、この6面も同じように攻略された面の一つなのです。そこで得られた方法とは? ボタン押しっぱなしでレバーを回転させること、これが非常に有効。 ボタンを押しっぱなしにすることでどんな連射よりも有効な攻撃となります。 なんといってもシャボン玉が割れた瞬間に次のシャボン玉が装填されるのですから。 まさにシンクロ連射以上のパワーがあります、これを使わない手はありません。 これでびっくり箱を看破しました、この面時間もきびしめなのでさっさとクリアして ください。これをクリアすれば次の難関は8面ボスから最終面の間です。

トランプの兵隊はハードへの挑戦?

8面は最初は驚きましたよ〜何よこの敵の数は! 敵と弾が横に並びすぎて消えてしまう位に出てくるし〜最初みた時は壮絶! また、おまけにタイマー落ちしているし〜凄い、凄い、ここまでくると感動です。 移動する足場の上で溜め撃ちで数を減らしてライン合わせでジャンプしながらいなして 時間を稼ぎつつクリアします。ここまで1コインで来る人でしたら問題ないですよ。 弾に当たって弾かれても慌てず騒がずカウンターを当てて対処するのです。 <カウンターとは?> 「メルヘンメイズ」は弾にあたると一定距離弾かれます。 この状態ではフィールド外に弾き飛ばされることになり、そうなったらミスとなります。 でも、弾に当たった瞬間に弾かれる方向と逆にレバーを入れることにより威力を若干相殺 させることができます。これは感覚でコツをつかむのがベスト。練習あるのみ。 ちなみに弾かれる方向と同じ方向にレバーを入れると通常以上弾かれることができます。 これではまりが実現できます。(これについては後程)

超美技、スピードアップ+ジャンプアップ

ネタにしますけど、この技私は出来ないんです。出来る人はこの世に一人しかおりません。 まさに大道芸、見てるものをおおっと言わせる大技なのです。これは8面で出来るのです。 ここではスピードアップの玉…確か紫玉でいたっけ?それとジャンプアップのアイテム 靴を同時に取ることの出来る唯一の面です。この2つを取ると…もの凄い 超ジャンプが出来るようになるのです。この2つのアイテムを手に入れることが出来るのは この面の全行程の半分(スカイキッド風に言えばHALFWAY POINT)くらいの 位置で手に入れることが出来る筈です。ここから効力が切れるまでの間に殆ど面の 終わりまでジャンプして辿り着くことが出来るのです。これは凄いですよ。 足場が狭い上にトランプ兵隊がうじゃうじゃいる中を物凄い跳躍力でクリアしていくのは 見ている人達を圧倒します。文章では伝えきれないな…(^^; 見れた人は幸せですよ…

このゲームにもはまりがあるんだよ

とりあえずちょっと1面の話題に戻ってしまいます。 このゲームにははまりはない、と思われてますが…あります! でもハイテクが必要なはまりですね、普通こんなことやる人なんていません! では、紹介いたしましょう。これがメルヘンメイズのはまりだ!(たいしたことないけど) 先に書いたカウンターという技をつかいます、それも逆カウンターです。 逆カウンターというのは弾に当たった瞬間レバーを弾かれる方向に倒して弾き飛ばされる 距離をアップさせる技(技じゃないって(^^;)これを使います。 1面がスタートしたらまず風船を取りにいきます。風船を取ったらスタート地点へ戻ります。 そうすると今まで倒してきた敵(煙草吸ってるきのこ?)が復活する筈です。 あとはこいつに弾を発射させてうまく弾かれてスタート地点の後方へ大ジャンプします。 もの凄い距離を飛べる筈ですよ、マスターしましょう!(しなくてもいいけど) そうするとBGMが何故かボスのテーマとなります。こうなったら成功です! 風船を持ってる筈ですのでアリスはスタート地点へと戻されてしまします。 あとはボスのテーマミュージックでメルヘンメイズ1面をお楽しみください。 そうしてるうちにボスへと辿り着くのですけど…ボスの所へ案内してくれる チェッカー模様の足場が消えている…アリスはこのまま時間切れで死ぬしか 道は残されていません!哀れこれがはまり状態なんです。 ボスは出現しているらしく小さな魔女が向こうでぽとぽと落ちているのを見ることができます。 …空しい技でした〜 風船さえあれば他の面でも出来ると思いますので挑戦するのも一興かもしれません。

8面のボスは嫌ですね〜

8面のボスも嫌ですね、3つのマスクがあってどれかが本物というボスです。 分身のくせに3つがそれぞれ弾を撃ってくるという強敵ですね。 よく見切ればたいしたことないのですけど…・ 3つ並んだフォーメーションの時で右端に実体がある時が問題です。 このパターンが出ると不幸な気分になってしまします。下手すれば死にますね。

9面は時間との戦い

9面はジャンプトラップというよりは敵の弾に弾かれながらいかにして素速く クリアしていくか?これに尽きる面です。ノーミスは難しいですよ。 敵をシャボン玉で攻撃していたら間に合いません。ジャンプでクリアしていく必要が あります。ここは弾に弾かれてもくさらない根性が必要です!死んだら素直に シャボン玉で敵を外に弾き飛ばしながら安全に行った方が良いです。 でも、ゲーマーだったらノーミスを狙って行くのが信条ですぞ! 根性あるのみ!

9面ボスって何だっけ?(笑)

9面ボス、すなわち最終面のボス、女王様です。こいつは固い上にトランプ兵隊を 無限増殖させてくるまともにやったらとんでもなく強いボスです。 …でも…まともにやらなかったら最弱のボスです… ボスのフィールドに辿り着いたら女王様が登場するまでにフィールドの端っこを歩いて 右下の隅に行きます。するとあら不思議、厄介なトランプ兵隊がこっちに来なくなります。 あとは上に向かって最強シャボン玉を連続で発射するのみ、これだけでOK。 これで女王様の姿を見ることなくやっつけちゃうことが出来るのです。 ですから…私殆ど女王様の姿を見たことがありません…(^^;

家庭用再移植希望

いちおうこの「メルヘンメイズ」はPCエンジンに移植されてます。 でも…斜め視点ではないし、ゲーム性が全然違います。これでは「メルヘンメイズ」 の魅了は全然伝わりません!という訳でちゃんとした再移植を望みます。 少しでもこのゲームの素晴らしさを皆様に解ってもらうためにも! …これで「メルヘンメイズ」懐ビューを締めさせて頂きます。 長々とお付き合い有り難うございます。