丑年記念空手道企画+空手道懐ビュー



データイースト社「空手道」というゲームをご存知ですか? 格闘ゲーム全盛以前の格闘というとこんなものだったんだ!というゲーム。 ツインレバーの入れ方でプレイヤーを操作、これで赤い服着たお兄さんに 勝って行くのが目的のゲーム、勝つと顔がデカくなるのがまさDECO。 このセンスはこの会社にしか出来ませんよね! 同社名(迷)作ゲーム「トリオ・ザ・パンチ」ならご存知の人も多いでしょう。 このゲームはDECOの集大成のゲームですよね、ついていけない人は、最初から 排除しようとしている姿勢がすさまじく、私のお気に入りでもあります。 このゲームもいずれビューしようかな〜と考えてはいます。 このゲームでタフガイを選択してスーパーウェポンを使うと「喝!」って顔が でかくなりますよね。私あれ見て「空手道」を連想してしまったのです。

流石DECOだ!(感動)

この発想した時点でOLDゲームマニアですねぇ(笑) 「空手道」は1984年ドルアーガの年、(こればっか) 一番私がゲームに真剣に取り組んでいた頃だと思います。 ツインレバーという変わった操作系をもって登場してきたゲーム。 当時このタイプのゲームは珍しかったので楽しく遊んでましたね。 このゲームを開発したのはテクノスジャパンという説もあります、不確かですけど。 情報持ってる人いましたら教えてください。 とりあえず親切にも練習があります。これで大体の操作を覚えることができます。 あとは道場で赤い服着た兄ちゃんと戦いながら試合の感覚を掴み、そして全国大会へ と進んでいくストーリ、単純明解です。 基本的には空中回転で回し蹴り(or後ろ蹴り)、またはいきなり飛び横蹴り、追い突き、 逆突き、前蹴り等の組み合わせで8段までは簡単に行けるようになるでしょう。 その後はちょっと工夫がいりますけどね♪ それはそれとして、このゲームの魅力はボーナスゲームにあります。 最近の格闘ゲームにボーナスゲームが無くなってさびしいですね。 「ストU」でも樽割りの燃えていた時が懐かしいです。残念です。 その魅力の原点を作ったのが、この「空手道」です。本ゲームより楽しい! 鍛練という前から花瓶とかが飛んでくるのを叩き割るボーナスステージ。 単に前蹴り、しゃがみ逆突きで対応すれば難なくクリアできるのですが… それでは満足できませんよね、これがゲーマーの性! 飛び横下痢、回し蹴りとかも使用して自分の実力をアピールしたものです。(笑) …単なる受けねらいだったのですけど…これがゲームの基本ではないでしょうか? 難しいパターンゲームというのはそれなりに苦労してパターンを作る訳ですから クリアした時にはそれなりに満足感があります。これは私も認めます。 ただ気になるのは皆同じパターンになって、単純作業になってしまうところ。 …これはどうにかして欲しいと思う今日この頃…とは言っても私最近ゲームやる 暇がないのですけどね(^^; ただ簡単なゲームを難しく遊ぶのがゲームの基本だと私は思います。 クリアしようと思うと簡単にクリアできる、でも普通人間というのはこれでは満足しません よね!だから自分への挑戦という意味であれこれ考えて人に見せるプレイというのを 考えていたものですよ、少なくとも昔の私は。最近そういうゲームが少ないのが気になります。 ゲームを簡単にしろ!ってことじゃなくて、ボーナスゲームのような息の抜けるような シーンを入れて欲しいですね、これ私の個人的希望。でないとゲームが単調になります。 だから最近のゲームって飽きやすいのではないかな〜ずっと気を張り詰めてないと いけないからプレイしている人には辛いですよ〜私も歳だな… いろいろ書いてますけど。「空手道」ってそういうお遊び要素の多い良いゲームでした。 その敬意を表して今回の企画をたてました。丑年記念! 丑?牛?さあ、牛だ!(笑) 今回の企画は「空手道」の牛殺しを華麗に決めよう!という企画。 大概の人はしゃがみ逆突きで倒すと思います。この方が確実。 でも、それでは面白くないのではないですか?他の方法も考えてみましょう。 そんな時、飛び横蹴りで牛を倒すという人が現れました、負けてたまるか!(^^; 他の華麗な牛殺しを探してみましょう!というのが目的です。 …きっとゲームを楽しむ神髄がこの企画にあることでしょう。 ちなみに見つからなきゃそれまでです。(笑) 現在鋭意ハーネス製作AND牛殺し研究中! 次の更新は現在のところ思いっきり未定です…
空手道企画結果はっぴょー(たいしたことない!)
とりあえず牛殺しにいろいろトライしてた訳なんですけど…結果は見事に失敗… 飛び横蹴り以外に華麗な倒しかたはない!(←いいのか?これで(^^;) とりあえず忘れた方のために技表をアップしませう。 で、牛殺しを成功させるためには前中段(?)に攻撃を加える技が必要です。 よって、前蹴り(一番ださい)、しゃがみ逆突きを使用するのがベターです。 タイミングはシビアですけど…追い突きでも倒せます。でも… ギャラリーには受けが悪いですねぇ、そこで飛び横蹴り、これはタイミングシビアな上に ギャラリーにも受けがいいのでもってこいの大技です。どう見たって中段の技には 見えませんけど…あたるんですねぇ、でも私の成功率は2割以下…リスクが かなりでかい!けどこれが面白いので皆様もトライしてくださいね!(出来る場所があるか?) …で、企画でやろうとしていたことなんですけど… たいしたことじゃないんです。上の技表から考えて可能と思えたのが 飛び後ろ蹴り×2で牛を倒そうというもの、これの確率をアップさせようと考えてました。

結果…不可能(爆)

さんざん期間を使っていてこんな惨敗な結果に終わりましたです。 牛が自分の所にまでくる時間…約1.2秒 飛び後ろ蹴り×2をするのに必要な時間…約2秒 …基本的に不可能でした…できると思ってたのだけどな… という訳で空手道懐ビューに変更致します。(いいのか?)

丑年記念空手道企・空手道(対戦空手道)懐ビュー

という訳で空手道にまつわるエピソードを幾つか掲載致しましょう。

ツインレバーの試み

このゲームはツインレバーです、最近でも珍しいタイプですね。 ツインレバーといえば「リブルラブル」、操作系としては当時からかなり難しく 君リブル、僕ラブルな感じで二人で組んでプレイしていたりしたものです。 そうして修行の成果、2つを一人でコントロール出来るようになりました。 けっこうこの領域に至るのに苦労したものです、まさしく慣れのゲーム。 この「空手道」もツインレバー…といっても前者「リブルラブル」に比べれば 楽!4方向な上にコントロールするキャラは一つである!もう楽勝。 おまけに金を入れた直後に練習があるではないかい、親切極まりない。 でも、考えてみるとこのゲームよくツインレバーで出しましたよね。 ツインレバーだからこそ成功したゲームなんでしょう、私はそう思う。 これはこのゲームをデザインした人の勝利。 左が人物の移動で、右が技の基本性能という構成に大体できており、理解しやすいです。 飛び横蹴りは左−上・右−相手側、前蹴りは右−相手側という具合? 要するに右を相手側に倒せば技は出るのです、大抵の人は利き手ですから覚えやすいのでは? ちょっと覚えにくいのは追い突きが左−相手側・右−上というコマンド。 私はこれにちょっと悩んだ記憶がある、皆様はどうでしょう?

鍛練せよ(+対戦空手道)

「空手道」というもの、鍛練をしなければなりません。 飛んでくる花瓶を叩き割る「鍛練」、企画落ちとなった「牛殺し」、 そして瓦や氷を叩き割る演舞、これがこのゲームにバリエーションを 与えています。ゲーム自体は非常に単調です、大体2、3のパターンを覚えていれば 8段までは勝ち進むことが出来るでしょう。 いきなり 前蹴り しゃがみ逆突き 逆突き → 有効 いきなり 追い突き 飛び横蹴り → 技あり いきなりまわし蹴り → 技あり 一本 後ろへ宙返りで回って 後ろ蹴り → 有効 後ろへ宙返りで回って 後ろまわし蹴り → 技あり 一本 これだけを組み合わせて行けばいいのでは?バリエーションはいっぱいあります。 8段以降はフェイントが必要です。フェイントで相手をガードさせておいて技を いれます。しかし8段で急に難易度が上がりますね。 そういう単調なゲームだからボーナスゲームが効いているのです。 これが無かったらそんなにHITしなかったのではないでしょうか? ただ一つだけ文句あり >対戦空手道 鍛練でいきなり後ろから花瓶が飛んでくるのは止めてくれ〜 後頭部に当たって痛そう!何度食らったか!(何故か忘れてしまうのです)

でかい顔こそDECO

DECOらしいのが冗談とも思えるような演出を平気でやるところ。 個人的に好きなのが勝って顔がでかくなるところ。 勝った時だけでなくボーナスステージにでクリアすれば顔がでかくなる。 演舞に至っては瓦一枚割れなくても顔がでかくなって別の意味となります。 このセンスがDECOらしいですよね〜 ドットとしては荒くて、色数も少ないところをこのドットパターンが救って います。以降このセンスは後々のDECOゲーに引き継がれていきます。 今に人が見たらなんて思うのだろ…懐ゲーの心を知るにはまずこれを 理解するべき。でかい顔して威張ってる時にはプレイを見ている人も一緒に 和やかになったものですよ〜これがプレイヤーの和を作っていたのです。

対戦できたか???

ここは「対戦空手道」の話題。

「強いあなたが好き」

この一言によって勝負の目的は片づけられるのである。戦いの理由として これは充分なもの、赤い服着たお兄ちゃんに勝って彼女を奪い取れ! 今回は様々なステージ、様々な衣装を着た彼女と変化に富んだ設定。 だけど…これなんのために出したのでしょうね、ちょっと疑問。 対戦という文字があるところからいって対戦はできます。 2Pは赤い服着たお兄ちゃんとなって1P白い服きたおじさんに勝つのです。 だが…逆サイドからの操作に慣れている人は殆どおらず、まったく対戦と ならなかった記憶があったりする…練習しようにも2Pだけでプレイする ことができない!これが出来ればもう少し遊べるゲームになったと思うのだが! 赤い服着たお兄ちゃんが勝利を得たことは自分の周りだけではまったくなく 結局対戦されぬまま終わった対戦格闘先進のゲームとなったのです。 …惜しいですね〜今の格闘ブームを考えればもう少し頑張ってれば! 時代と歴史が変わったかもしれないのにね〜でもそういうところがDECO。 個性のDECOに期待していきましょう、最近面影が薄れてますぞ。