PLUGINS A-Z
プラグインA〜Z

 To understand how signals are routed through plugins go to console.html. Now a word on plugin usage. Some plugins are self explanatory and aren't explained here. Others need quite a bit of explaining to get the most out of them.

信号がプラグインを通して、どのようにされるかを理解するには console.html をご覧下さい。以下は、プラグインの使用法の用語です。 いくつかのプラグインは、自身を説明していますので、ここでは説明しません。他のものは、それを最大限に利用するために、ほんの少しだけ説明が必要です。
 BLUR
ぼかし
Blur performs gaussian blur on the image. It is capable of using unlimited processors in parallel.

ぼかしは、画像でガウスのぼかしを実行します。これは、パラレルの無限のプロセッサを使う能力があります。

DENOISE
ノイズ除去
Denoise performs wavelet transform, subtracts the entropic part of the signal, and performs inverse wavelet transform. The sensitivity of the noise reduction is set by Nose level. The Window size has no effect on the sound other than to speed up processing.

denoise は、さざ波変換、信号のエントロピー 部分を引いて、そして逆のさざ波変換をします。雑音減少の感度は、Nose levelによってセットされます。Window size は、処理を高速化すること以外に、音にはいかなる効果もありません。

FREEZE FRAME
フレームのフリーズ(コマ止め)
This is usually used as a transition and only reads the first frame. It then outputs the first frame for every frame after it. Disable tracks when no edits should be disabled in preferences->playback and Play every frame should be selected in preferences->video for this to work.

これは、通常はトランジション(場面転換)に使われて、最初のフレームを読み込むだけです。 そして、その後の全てのフレームのために最初のフレームを出力します。 preferences --> video Disable tracks when no edits (編集しない時のトラックを無効にする)を、無効にするべきです。また、これを動かすために preferences --> playback  Play every frame (すべてのフレームを再生)を選ぶべきです。

PITCH SHIFT
ピッチ・シフト
Pitch shift performs a fast fourier transform, scales the array subscripts of the coefficients, and performs an inverse fast fourier transform. Much of the outcome depends on the window size. For 44100 audio a window size of 4096 seems to work best. Downward shift requires larger window sizes and upward shifting requires smaller window sizes. Voices shift better than music.

ピッチシフトは、高速フーリエ変換を実行し、係数の配列添え字を調整し、そして逆高速フーリエ変換を実行します。多くの結果は、ウィンドウ・サイズに依存します。44100 Hz オーディオでは、4096 のウィンドウ・サイズが最もよく機能するようです。下方向へのシフトは大きなウィンドウ・サイズを、また上方向へのシフトは少ないウィンドウ・サイズを必要とします。声は音楽よりも十分にシフトします。

REVERB
リバーブ
Getting good reverb is more of an artform even for the most automated signal processors. The output consists of an initial signal followed by many reflections. As the reflections move out in time, a lowpass filter is usually applied with decreasing cutoff frequency. If more than one track is attached to a single reverb plugin, the reflections for both tracks are swapped to simulate stereo. Simulated stereo is capable of using a separate CPU for each track.

良好なリバーブを得るには、最も自動化された信号プロセッサーのためにさえむしろ artformです。(???)出力は、多くの反射が次に続く最初の信号から構成されます。反射は、そのうちに引っ越して行くので、ローパスフィルターは、通常はカットオフ周波数を下げて適用されます。もし1つ以上のトラックが単独の reverb プラグインに取付けられれば、両方のトラックのための反射は、ステレオをシュミレーションするためにスワップされます。シュミレートされたステレオは、それぞれのトラック用に別の CPU を使う能力があります。

RGB<-> 601
When recording video from certain devices you'll get black at either 0 or 16 and white at either 255 or 235. The 16-235 colorspace is called ITU-R.BT601 and the 0-255 colorspace is called RGB. The purpose here is to give professional TV gurus headroom and footroom for their whites and blacks. Alternatively you may be doing compositing and want the extra headroom for an intermediate step. Either way you'll want only RGB video on a computer monitor and only 601 video when you print to video.

あるデバイスからビデオを録画する場合、 0 または 16のどちらかの黒、および 255 または 235 のどちらかの白、になるでしょう。 16-235 色空間は ITU-R.BT601 と呼ばれ、 0-255 色空間は RGB と呼ばれます。ここでの目的は、プロのテレビ・グルに彼らの白と黒用の headroom (頭上スペース?)と footroom を与えることです。かわりに合成し、中間ステップ用に余分の headroom を求めることもできます。どちらにしても、あなたは、コンピュータ・モニター上には RGB ビデオだけが諭△泙織咼妊を印刷するときは 601 ビデオだけが欲しいでしょう。(???)

 To convert between the two, Broadcast 2000 supplies the RGB <-> 601 plugin. By simply attaching this to your video tracks or routing all your video tracks through it you can convert between either colorspace.

二者間の変換をするために、Broadcast 2000 には RGB <-->  601 プラグインがあります。ビデオ・トラックにこれを付け加えるだけで、あるいは全てのビデオ・トラックをそれを通すことによって、どちらの色空間にも変換できます。

STABILIZE
スタビライズ(安定化)
Image stabilization reads a window from one image and performs an exhaustive search of the next image to try to find where the window went. The search area is in the center of the image. Once it finds a new location it calculates a motion vector and offsets the image.

画像の安定化は、1つの画像からウィンドウを読み込んで、ウィンドウがどこに行ったを探すために、次の画像を網羅的に検索します。検索領域は、画像の中心にあります。一旦新しい場所を見つければ、それは、動きのベクトルを計算して、画像を埋め合わせます。

 The Search radius determines how far out from the original window it should search. A higher search radius allows more jittery motion to be compensated at the expense of more clock cycles.

Search radius(検索範囲)は、元のウィンドウからどのくらい遠くまで検索すべきかを指定します。検索範囲を広くすると、より多くのクロックサイクルの負担でより多くのぶるぶる震える動きを補償できます。

 The window size determines how many pixels the window should be per edge. A larger window size allows more accurate placement of the motion vector but increases computation exponentially.

ウィンドウ・サイズは、ウィンドウのエッジあたりのピクセル数を指定します。ウィンドウ・サイズを大きくすると、動きベクトルのより正確な配置ができますが、指数関数的に計算量が増えます。

 The Acceleration determines the maximum distance to offset the new frame from the old frame. If the new location of a window is farther out than the acceleration value, the motion vector is shortened to the acceleration value. The automation on this setting is intended for turning image stabilization on or off. Where you don't want image stabilization you set the automation to -1 and where you want image stabilization you set the automation to 0.

Acceleration (加速)は、古いフレームから新しいフレームへのオフセットの最大距離を指定します。ウィンドウの新しい場所が加速値よりも遠ければ、動きベクトルは、加速値に短くされます。この設定の自動操作は、画像安定化をオンまたはオフすることを意図しています。画像安定化を望まないなら、自動操作を-1 にセットし、画像安定化を望むなら、自動操作を 0 にセットします。

 The exhaustive search is capable of using unlimited numbers of processors and achieves huge benefits from doing so. Another problem you'll encounter is that image stabilization can't recognize repeating patterns so if the center is on a repeating pattern or straight line it'll shake violently. The image stabilization also becomes erratic if the center is on a moving object.

網羅的な検索は無数のプロセッサを使う能力があり、そうすることで巨大な利益が得られます。あなたが出くわすかもしれないもう一つの問題は、画像安定化は繰り返しのパターンを認識できないということです。従って、中心が繰り返しパターンあるいは直線上にあると、それは激しく揺れるでしょう。もし中心が動いているオブジェクト上にあると、画像安定化も気まぐれになります。