THE EDL

The EDL is how Broadcast 2000 internally represents the timeline you see on the screen. It specifies where to put regions of files on the timeline, without touching one sample or one frame. This way, Broadcast 2000 never loads files into RAM but loads pointers to files into the EDL. With EDL based editing, you'll arrange CDs much faster than your Win98 buddies.
EDL は、画面上に見えるタイムラインを Broadcast 2000 が内部でどのように表現するかです。これは、1つのサンプル、あるいは 1つのフレームに触らずに、タイムライン上のファイルの領域をどこに置くかを指定します。この方法で Broadcast 2000 は、RAM にファイルをロードするのではなく、EDL にファイルのポインタをロードします。EDLをベースにした編集により、Win98 の仲間よりもはるかに速く CD をアレンジできるでしょう。
 EDL's are saved in a format called hypertext audio language (HTAL). Save a file and load it into a text editor and you'll see something much like HTML or for Linux hackers, a web page. In fact, HTAL can be embedded in a web page. Don't attempt to load a web page and save it from Broadcast 2000 because you'll lose all the non HTAL data.
EDL は、HTAL(ハイパーテキスト・オーディオ・ランゲージ)と呼ばれるフォーマットでセーブされます。ファイルをセーブし、それをテキスト・エディターにロードして下さい。HTML によく似た、あるいは Linux ハッカーのためのウェブページのようなものが見えるでしょう。実際、HTALは、ウェブページに埋め込むことができます。ウェブページをロードし、それを Broadcast 2000 でセーブすると、HTAL 以外の全てのデータを失うので、試みないで下さい。