作品解説 vol.15 SBZ 156


バッハ頌/後世の作曲家による編曲 (岡部真一郎・音楽学)
¶多種多様なバッハ編曲

241

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト 弦楽四重奏のための《前奏曲》ニ長調と《フーガ》K.405 Nr.5 ニ長調

240

フランツ・リスト カンタータ《泣く、嘆く、案ずる、怯える》BWV12の固執低音主題による変奏曲 S180

239

ヨハネス・ブラームス 左手のためのシャコンヌ ニ短調 (無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ BWV1004のピアノ編曲)

239

フェルッチオ・ブゾーニ コラール前奏曲《われ汝に呼びかけん、主イエス・キリストよ》 BWV639 (オルガン作品のピアノ編曲) ト長調 作品 15-5 T340/5

239

レオポルド・ストコフスキー トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 (オルガン作品のオーケストラ編曲) 

239

アルノルト・シェーンベルク 前奏曲とフーガ 変ホ長調 BWV552 (オルガン作品のオーケストラ編曲)

245

アントン・ヴェーベルン 6声のリチェルカーレ《音楽の捧げもの》BWV1079 より (ヴェーベルンによるオーケストレーション)

245