特集・バッハと宮廷都市 ハレとライプツィヒ

ドイツ精神のふたつの尖峰

 樺山紘一


v

14

ライプツィヒの思い出

112

   (図版) 18世紀初頭のドイツ

113

新興の知的センター、ハレ

114

   (図版) ハレ市街の外観と都市構造 1712年頃

115

   (図版) A. H. フランケ (1665-1727)

116

   (図版) クリスティアン・トマジウス (1655-1728)

116

   (図版) G. F. ヘンデル (1689-1759)

116

ハレをとびだしたヘンデル

117

ハレにうけいれられなかったヴォルフとバッハ

118

   (図版) クリスティアン・ヴォルフ (1679-1754)

119

伝統をほこる交易都市ライプツィヒ

119

ゴットシェト、ライプツィヒの新風

120

   (図版) ライプツィヒの市場と市街地 1712年頃

121

   (図版) ヨハン・ゴットシェト (1700-66)

122

正統主義者バッハとライプツィヒ

122

(かばやま こういち・西洋史)