・バッハ研究史 バッハへの道、私の場合

アルフレート・デュル 加藤博子訳


v

11

コーアトーンとカンマートーン

28

   (図版) ゲッティンゲンにあるバッハ研究所

29

   (図版) マタイ受難曲冒頭 自筆譜

30

バッハ研究所の発足と『新バッハ全集』

31

   (図版) 『旧バッハ全集』の扉

31

   (写真) クラウス・ホーフマン、アルフレート・デュル、樋口隆一 (1994年秋)

33

楽譜の校訂と透かしの研究

31

   (図版) 平均律クラヴィーア曲集「チューリヒの自筆譜」

35

カンタータの校訂

36

   (図版) 手稿譜の透かしの例

37

   (図版) 平均律クラヴィーア曲集 自筆譜タイトル・ページ

38

(Alfred Duerr・音楽学/かとう ひろこ・音楽学)