・第10巻概説 仮借なき必然性

オルガンのためのコラール編曲をめぐって

 三宅幸夫   [第10巻責任編集]


v

10

12

キリストは死の縄目につきたまえり

13

   (図版) ヴァイマル讃美歌集 (1713年) の表紙

13

   (譜例1) グレゴリオ聖歌 Victimae paschali laudes と、
   讃美歌 Christ lag in Todesbanden

14

   (譜例2) 《イエス、わが喜びよ》モテット (BWV227) と
   オルガン・コラール (BWV610)

15

汝にこそわが喜びあり

15

   (図版) バッハ時代の教会音楽『音楽辞典』(1732年) 口絵より

16

   (譜例3) 《汝にこそわが喜びあり》(BWV615)

17

オルガン小曲集

17

   (譜例4) a. BWV643, b. BWV612, c. BWV617

18

教育的な配慮

19

   (譜例5) a. BWV605, b. (In Canone all' Ottava), c. BWV601

20

イエス、わが喜び

20

   (譜例6) 固有動機

21

   (譜例7) 非和声音の大胆な解決

22

これぞ聖なる十戒

22

   (譜例8) 対旋律のコラール旋律からの導出

22

   (譜例9) 同音反復 (BWV679)

23

いまや足れり

23

   (図版) ヴァイマル時代 (1708-17年) の J. S. バッハ

24

(みやけ ゆきお・音楽学)