・第9巻概説 オルガニスト、バッハ

 礒山雅  [第9巻責任編集]


v

9

大オルガニストか、作曲家か

12

   (図版) キルヒャーの「世界オルガン」『音楽汎論』(1650年刊行) より

12

   (図版) 「故人略伝」(1754年刊行) よりバッハ項目の第1ページ (部分)

13

   (図版) 1708年6月25日、バッハがミュールハウゼン市参事会に宛て提出した自筆の辞表
   ミュールハウゼン市文書館蔵

14

オルガンという楽器

15

   (図版) アルンシュタット、新教会 (現バッハ教会) のパイプ・オルガン

15

オルガンについて

16

   (図版) ふいごでオルガンに風を送るカルカント 『オルガン製作者の技術』
   (1766年刊行) より

16

   (図版) ハンブルク、聖ヤコービ教会のパイプ・オルガン (修復前)
   アルプ・シュニットガー作

17

ストップの用法

18

   (図版) アルンシュタット、新教会のバッハ・オルガン (演奏台のみ現存)

18

   (図版) ヨーハン・ニコラウス・フォルケル『バッハ伝』(1802年刊行) タイトル・ページ

19

オルガンに魅了されて

20

   (図版) リューベックの聖マリア教会 1847年

20

   (図版) ディートリヒ・ブクスデフーデの「夕べの音楽」から《悲しみの城砦》の
   出版台本 (1705年)

21

バッハとドレスデン

22

   (図版) ドレスデンの景観

22

   (図版) ドレスデンの聖母教会内部

23

   (図版) クラヴィーア練習曲集第3部タイトル・ページ

24

バッハのオルガン演奏

25

   (図版) カッセルの聖マルティーン教会 1843年頃

26

   (図版) ヨーハン・マティーアス・ゲスナー (1691-1761)

27

オルガンにたどる生涯

28

   (図版) バッハの生地アイゼナハの景観 1685年頃

28

   (図版) ミュールハウゼンの聖ブラージウス教会

29

   (図版) ハレの聖母教会

30

バッハのオルガン作品

30

   (図版) ウォルフガング・シュミーダー『バッハ作品目録 (BWV)』 (1990年刊行の
   改定版) タイトル・ページ

31

本巻に収められたオルガン作品

33

   (図版) ハレの聖母教会内陣

33

   (譜例1) トッカータとフーガ ニ短調 BWV565 冒頭

34

   (譜例2) ドリア調トッカータとフーガ BWV538 フーガ主題

35

   (図版) トリオ・ソナタ第1番 変ホ長調 BWV525 自筆譜

36

(いそやま ただし・音楽学)