Perrette disait Jean

ペレットとジャン

Guillaume Costeley (c.1531-1606)

ギヨーム・コストレ

``Perrette, '' disait Jean, 「ペレット」とジャンが言った。
``Votre amitie me point: 「僕は恋しくてたまらない。
Oterz moi de l'ahan, このせつなさを
Qui me tien en ce point.'' 何とかしておくれ」
Perrette alors, le joint, するとペレットは
Disant en basse voix: 小さな声で答えた。
``Jean, ne te hate point: 「ジャン、そんなにあわてなくてもいいわ。
Mon mari est au bois.'' 私の夫は森に出かけて留守だから」